修理レポート

 

〜スワブ編〜


今回はですね表題にもあるようにスワブについてです!




皆さんは当然楽器を演奏した後はスワブを通しますよね?

(木管・金管問わず)


スワブを通すと余分な水分取れるので管の内側をキレイに保つことができます。




しかし


スワブを通していると、必ず遭遇するのが


そう


_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> スワブが詰まってしまう問題! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄




スワブが結構つまりますね。

特に木管!



なんで詰まると思います?


実は管の中は・・・

くら
sax

単に円錐状になっているのではなく、

このように何かあるんです

_人人人人人人人_
> 何かある <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


これはサックスで言うとオクターブキィの部分

クラで言うとレジスターキィの部分

になります

円錐状になっているので通しにくくなる上に

こんな異ぶt...突起まであるので詰まりやすいわけです。


じゃぁ どうやったら詰まらないようにできるんですか?

ってなるでしょ?



それは超簡単

スワブが塊になっていないか

しっかり広がった状態になっているか

確認して入れるだけなんです




上から入れるか下から入れるかは

社員(A)はどちらでもいいと思っています。

上からだと万が一詰まっても取りやすいです

しかし上のほうが水分が一番多く、
上の水分を下に持って行ってスワブの意味なさそうなので

社員(A)は下から通してます。






まぁ でも もし詰まってしまった場合はマッチョな方々に


オリャ!


って引っ張り抜いてもらったらいいと思います笑




そうすると運がよければ取れますが

そうじゃなかったら

ぐにゃ
ぐにゃ

こんな感じに、ぶっ壊れます。

こうなると演奏できません。


たったこれだけですが、演奏することは不可能です



そして



スワブを取るよりも修理代が高くなります。



なので、もし詰まってしまったら、何もせずに、

お近くの楽器屋さんに相談されることをおすすめします。

 

〜「値段の差」編〜

いきなりですが!

楽器ってピンキリですよね


ケルントナー
siri-zu3

この2本のサックス

見た目はそっくりですよね

右側が楽天で35,700円(税込)で売られているサックス。左側がセルマーのsirieVです。

ぱっと見た感じそんなに違いがないように思いますね
何が違うのでしょうか

楽天で35,700円(税込)の楽器 セルマーSirieV
管体 イエローブラス イエローブラス
仕上げ ラッカー仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
彫刻 なし あり
付属キィ HighF#キィ HighF#キィ・ダブルC#キィ
金額 35,700円(税込) 675,000円(税込定価)



信じられないですがこの2本には約60万円の差があります。



違うものといえば、


彫刻があるかないか、ダブルC#キィがあるかないか


その違いが


60万円の違いなんです!







そんなわけないです!!




サムレストがメタルだったり、最高級のタンポが使われていたり

バネが鋼でできていたり、そういうところで差が出てきます。

そういうのは楽器を生で見比べると違いがわかります。




今回紹介する部分はここ!


これはヤナギサワ siri-zu3
こっちはセルマー セルマー

これは、



このように両サイドをネジで止める部分です。

セルマー

よく見ると何か入ってます

ケルントナー
siri-zu3

これはセルマーに採用されている機構でほかのメーカーには使われていません。

こうすることでキィのガタつきをできるだけ抑えるようになっています




高い楽器というのはこのような見えないところも

すごくこだわっています。



そういう見えない「こだわり」が合わさって60万円の差になるわけです。




また面白そうなものがあれば更新していきますね

 

〜ユーフォニアム掃除編〜


今回は掃除について書きました!




みなさん




楽器の掃除はしていますか?




以前にバグパイプ奏者が楽器内のカビが原因で死亡したニュースなんてありましたね




たまには楽器も掃除をしないと大変なことになります。



木管楽器はちょっと難しいので我々のようなプロにお願いすることをおすすめします。



でも、金管楽器はほとんど自分で掃除することができます。

(ロータリーは難しいのでプロの方にお願いしてください。)


みなさん当然楽器を吹いたあとはスワブを通しますよね?



スワブ知らないなんて言わないでくださいよ?



スワブというのは布に紐のようなものが付いたものです。

スワブ画像


サウンド楽器にももちろん各種揃えています。持ってない方は今すぐ買ってください。

管内の水分をしっかり取り除いておくとサビにくくもなりますから、楽器の寿命も伸ばすことができます。

急にピストンの調子がおかしくなったりするのは、大抵汚れが原因です。





楽器の掃除なんてしたことないって方も中にはいると思います。



そんな楽器はきっとこんな感じだと思います。

スワブ画像
スワブ画像
スワブ画像
スワブ画像
スワブ画像


何かついてますね・・・



これ新品の時からありましたか?



なかったですよね?


そう、つまりこれは汚れなんです。



ちなみにこちらの楽器は、毎日吹いているわけではないですが、5年くらい掃除してなかったみたいです。



こういうものが管内に堆積していくと、

まず、管が振動しにくくなるのでいい音色を出そうとしてもなかなか出ないと思います。

そして、管の内径がその分細くなるので吹奏感、ピッチも変化してくるでしょう。


日々のわずかな変化なので、気づくことはないと思いますが、買った当初に比べるとかなり悪くなっていると思います。




先ほどの汚れはウエスや、綿棒などでキレイに拭き取ってください。

マウスパイプも見えないですが、中はとても汚いので、フレキシブルクリーナーなどを使ってきれいにしてください。

スワブ画像

きっとごっそり出てきますよ。こんな感じに・・・

スワブ画像

汚い楽器を吹くというのはこれを舐めてるようなものですから掃除は定期的に行いましょう。




スワブ画像
スワブ画像
スワブ画像

きれいにするとこんな感じです。

これはウエス・綿棒を使ってとっただけですので簡単にできます。


 

〜マレット編〜




マレットって使っているとボロボロになってくるじゃないですか!





そう









こんな感じにね




マレット画像



サウンド楽器はそんなマレットも







こんな感じにきれいにします

マレット画像




 

〜シロフォン編〜




ある日とある学校からこんな要望がありました

うちのシロフォンの鍵盤の高さを上げてくれ



サウンド楽器は要望に応えました。



シロフォン画像

まず、シロフォンを分解します。


そして足を切断します。

シロフォン画像


シロフォン画像

同じ直径の鉄パイプをいい感じにカットして・・・



シロフォン画像

溶接します



シロフォン画像

たったこれだけですけど

ここまで結構時間かかってるんですよ



シロフォン画像

色を塗って



なかなかわかんないでしょ?

シロフォン画像


完成\(・o・)/

シロフォン画像




 

〜ホルン編〜 パート2





ホルン再び(^0^)





ホルン凹み画像

ぶつかったんでしょうか....

これもよくある修理です。

ホルン凹み画像 ホルン凹み画像




これも社長の手にかかれば・・・





ホルン凹み画像

o(`・ω´・+o) ドヤァ…!

ホルン凹み画像 ホルン凹み画像
ホルン凹み画像 ホルン凹み画像

ここまで綺麗になります。





 

〜コントラバス(ウッドベース)編〜

コントラバス折れ画像

今回、とあるところからコントラバスの修理依頼がきました。

左の写真がその内容です。ヘッド部分が折れています。

しかし、直ります!直します!





〜次の日〜




コントラバス

一日かけて接着剤を乾燥させたら

元通り!









 

〜バスクラリネット編〜

バスクラリネットのエンドピン取り付け修理のご依頼がありました。

部品もなくなったみたいです

部品もないのか。。。どうすればいいの。。。

そんなもん作ればよかろーもん

・・・。

そうです。作ればいいんです

使わなくなったトランペットのマウスピースを加工して・・・

そして完成したものがこちらです。

バスクラ

どうです? かっこいいでしょ?

バスクラ




 

〜ホルン編〜



今回はホルンです


ホルンぐにゃぐにゃ

あら!

ホルンぐにゃぐにゃアップ

あらあら

おそらくベルを外そうとして力一杯ねじったら、

ベルではなく違うところがねじれてしまったのでしょう...

よくある事故です。






ホルンぐにゃり

修理第一段階終了(^o^)/

ホルンぐにゃりアップ

最初に比べると大分戻ってきました

ねじれと逆方向にねじりました。

(余談:ここまでなる工程中に社長は腕を負傷してしまいました。)



ホルン修理完了

終了しました!

ハンダを付け直したり、細かな作業を行い

ほぼ元通りになりました。

ホルン修理完了アップ